解放集団 #Liverty 復活します。

株式会社リバ邸(所在地:東京都江東区、代表取締役:片倉廉、以下「当社」)は、新規事業部として、リバ邸住民による挑戦者サポートを目的とした「Liverty」を立ち上げました。

解放集団Livertyとは

Livertyはそもそも、リバ邸の前身となる存在で、今から10年前となる2012年5月にリバ邸発起人である家入一真氏(以下、家入さん)、高木新平さんの手によって生まれました。

Livertyから生まれた代表的な事業の1つに、リバ邸六本木初期住民であった鶴岡裕太氏のBASEがあります。

そして、Livertyの中のひとつの事業として生まれたものが、「現代の駆け込み寺」リバ邸でもありました。

 

こんにちは家入です。この度、僕らは新しい実験をします。

普段は別の仕事を持っているメンバーが集まって、新しいビジネスやウェブサービスを立ち上げまくるモノづくり集団、「Liverty」を立ち上げました。 「もっと自由に働きたい」この思いを持って、フリーランス、経営者、学生、サラリーマン、フリーター、などなど色んな職業の人たちが集まりました。

退社後の時間や土日を使い、僕らは色んなサービスやビジネスを、ものすごいスピードで立ち上げていきます。

そのサービスから産まれた評価や利益は、メンバーで山分けしていく。そこで得たものが、次の働き方、生き方につながる。

独立してもいい。起業してもいい。海外移住してもいい。引きこもってもいい。アーティストになってもいい。

色んな働き方が可能になり、色んな生き方を選択できる。僕らは解放され、自由に生きる事が出来る。

そこで「自由」「解放」を意味する「Liberty」に、「生き方」である「Live」を組み合わせて 「Liverty」という造語を考えました。

僕らもこの働き方を実践しながら、この考え方を広げていく事が出来ればいいなあと思っています。

そう、僕らはもっと身軽でいい。

家入一真 ーLiverty公式サイトより引用

 

Livertyを通してリバ邸が挑戦すること。

この度、株式会社リバ邸の事業部のひとつとして復活したLiverty。

そもそも、これまでシェアハウスをはじめとしたスペース運営をメイン事業として行ってきたリバ邸ですが、同時に全国でリバ邸を立ち上げてくださる方やリバ邸に住みながら夢を叶える方の「挑戦者のサポート」でもありました。

リバ邸を立ち上げる方、住んでいる方には様々な想いがあります。

  • 自分の住んでいる地域を盛り上げたい
  • 自分のやっている事業に関わってくれる仲間を増やしたい
  • 過去にリバ邸に住んで助かった経験があるから自分もそんな場をつくりたい
  • 自分の活動を加速させるため、刺激になるような人たちと繋がりたい

こういった、色んな想いを持った方のサポートをしていく中で家入さんが代表を務めるCAMPFIREクラウドファンディングの活用を主とした機会が増えてきました。

https://camp-fire.jp/channels/liverty

Livertyにおける当面のメイン事業はクラウドファンディングの立ち上げサポートを無償で行うCAMPFIREパートナーとして、これまでクラウドファンディングを通してリバ邸を立ち上げた方や、住民として住みながら自分のやりたいことを実現した方と一緒に、全国の挑戦者をサポートしていきます。

 

“家入チルドレン”として更なる解放集団、そして挑戦集団に。

家入さんが出資して事業を成長させてきた方を、一部SNS上にて「家入チルドレン」と呼ぶ風習があります。

だったら、家入さんが作ったリバ邸を通じて何かに挑戦してきた人も家入チルドレンと呼べるはず。つまり、Livertyのメンバーは全員が家入チルドレンです。

我々家入チルドレンが、家入さんがつくったCAMPFIRE社のパートナーとして名実ともに1番に名前があがる立場になるよう、メンバー一同で力を合わせ、全力で挑戦者の応援に務めていきます。

 

CAMPFIREパートナー流通金額1位を目指して

Livertyではまず、当面の目標として、現在役員である大堀がメインとなって行っているCAMPFIREパートナーの事業を拡大し、パートナーとしての流通金額1位を目指していきます。

CAMPFIREクラウドファンディングに挑戦することを検討されている方は、ぜひ気軽にリバ邸公式LINEよりご相談ください。

会社概要

株式会社リバ邸

代表取締役:片倉 廉

Liverty事業部長 大堀悟

設立:2018年6月5日

HP:https://liverty-house.com

本件問い合わせ先(担当:大堀):livertyhouse.info@gmail.com