多種多様なニーズに応える”居場所”を作り、明るいセーフティネットとして機能する。

働き方、生き方を選べるこの時代、それは住む場所、
住む人も選べるということではないだろうか。
成長したい、仲間が欲しい、何もしたくない。


「こう生きろ」「こうしろ」とは僕らは強要することはない。

「ここにいてもいい」というスタンスで、様々なニーズに応える居場所をつくります。


僕らは本来、何者でもない。
リバ邸にいる時は、外での枠組みや肩書きを置いて、どんな人でも対等に向き合います。

リバ邸は家の名前やコミュニティの枠組みだけにはとらわれない。
いつか住んでた家を卒業した時も、外で会った時も。
僕らは、いつでもここにいる。

そんな優しい世界を作ります。