多種多様なニーズに応える”居場所”を作り、明るいセーフティネットとして機能する。

働き方、生き方を選べるこの時代。
それは住む場所、住む人も選べるということではないだろうか。

成長したい、仲間が欲しい、何もしたくない。

それでいいじゃないか。

「こう生きろ」「こうしろ」と、僕らは強要することはない。
一人ひとりが「ここにいてもいい」と思えるような居場所をつくります。

僕らは本来、何者でもない。

リバ邸は、社会的地位や肩書きを置いて対等でいられる場所。

そして、リバ邸は家の名前やコミュニティの枠組みだけにはとらわれない。

 

いつかリバ邸を卒業して街で会った時も。

僕らはいつでもここにいる。

 

そんな優しい世界を作ります。

Special Thanks !!

2018年5月8日より募集を開始し、約一ヶ月間で235名の支援者により1,296,166円の資金を集めることができました。
本当に、ありがとうございます。
我々はこれからも、リバ邸という居場所を作っていきます。 引き続き、リバ邸をよろしくお願いいたします。