【初期費用無料】テレワーク導入/支援企業との連携でコリビングの取り組みを開始 #コリバ邸

株式会社リバ邸(所在地:東京都江東区、代表取締役:片倉廉、以下「当社」)は、テレワーク導入を推進する企業と連携し、「コリバ邸(コリビング×リバ邸)」の取り組みを開始します。

 

概要

当社は、「現代の駆け込み寺」をコンセプトに掲げ、「世の中の枠組みや空気に苦しくなった人たちが集まる居場所であり、そこで各自が何かしら独自のアウトプットを追求する場所」をシェアハウス事業を通して各地に創っている企業です。

今回の取り組みは、新型コロナウイルスの蔓延による自粛対応にてテレワークの導入検討がはじまった企業やコミュニティへの支援を目的として開始致しました。

 

コリバ邸について

リバ邸では今回のテレワーク導入の動きを一時的なものとは捉えておらず、今後もテレワークの導入は普及していくものと捉えております。

 

今回のコリバ邸での取り組みでは、株式会社リバ邸が本部としてテレワーク可能と判断したリバ邸を対象に「コリバ邸(コリビング×リバ邸)」として、テレワークをされる方が生活と仕事を両立できる環境としてご紹介させて頂きます。

 

今後、テレワークの導入をはじめた企業の社員さまを対象に、運営者からのご紹介を頂いた場合に希望に沿った環境を有するリバ邸をご紹介させて頂きます。

 

また、コリバ邸連携企業様からのご紹介であれば、会社員/フリーランスの方に関わらずリバ邸入居時の初期費用を無料と致します。

 

 

シェアハウスで展開するコリビングについて

シェアハウスで作業をすることで孤独の解消や人がいることによる適度な緊張感につながります。

今回の自粛期間を迎え自宅でのテレワークへの切り替えを迎えた際、

  • 会社に行くことで緊張感を保つことができていたと実感した
  • 1人でこの期間を迎えていたらきっと孤独感に耐えられなかった

といった声をリバ邸住民の方からいただいたことから、今回の取り組みに至りました。

 

シェアハウスは、世間の認知としてはまだまだ”ただ安く住める場所”として認識されている部分は拭えせん。

それももちろん魅力の一つではありますが、最大の魅力は「孤独の解消」であると捉えています。

多種多様な住民さんが集まる場にて、実家でも職場でもないサードプレイスを実現して参ります。

 

またリバ邸では全体を通して新型コロナウイルスに関して以下の対策を周知実施しております。

【5月28日】新型コロナウイルス緊急事態宣言解除後のシェアハウス内対応について

 

 

加盟企業・コミュニティ様ご紹介(順不同・継承略)

 

以下、今回の取り組みにご参加頂ける企業様と対象となる入居者様の条件をご紹介させて頂きます。

 

ワークキャリア(株式会社Ponnuf)

対象:ワークキャリア各プログラム卒業生の方

詳細:https://workcareer.jp/

方法:講師・メンター・運営陣からのご紹介

 

ライター組合(株式会社ライター組合)

対象:ライター組合に参加されている方

詳細:https://go-writing.com/writers-guild/

方法:運営陣からのご紹介

 

フリーランスナウ(フリーランス株式会社)

対象:フリーランスナウに参加されている方

詳細:https://freelancenow.discussionpartners.net/

方法:運営陣からのご紹介

 

株式会社UZUZ

対象:UZUZにて就職・転職活動をされている方

詳細:https://uzuz.jp/

方法:運営陣からのご紹介

 

新しい働き方ラボ(ランサーズ株式会社)

対象:新しい働き方ラボ(あたラボ)メンバーの方

詳細:https://www.lancers.jp/lab

方法:各地コミュニティマネージャーからのご紹介

 

参加企業・コミュニティ様を随時募集しております

コリバ邸の取り組みについて、参加のご相談や質問におきましては以下のアドレスにお問い合わせをお願い致します。

本件問い合わせ先(担当:大堀):livertyhouse.info@gmail.com

 

会社概要

株式会社リバ邸

代表取締役:片倉 廉

設立:2018年6月5日

HP:https://liverty-house.com

本件問い合わせ先(担当:大堀):livertyhouse.info@gmail.com