リバ邸start-up渋谷に引っ越してきて1ヶ月が経った

リバ邸start-up渋谷に引っ越してきて1ヶ月が経った。ここでは月一でブログを書かないといけない。今回は、

  1. 自己紹介・リバ邸start-up渋谷にくるまでの経緯
  2. リバ邸での1ヶ月
  3. 2ヶ月目からの予定

に分けて記事を書こうと思う。

1、自己紹介・リバ邸start-up渋谷にくるまでの経緯

山口で生まれて大学時代は小学校教育を専攻。大学院生の時にプログラミング教育が2020年から始まることが決まり、それがきっかけでITの世界へ興味を持った。中国に一年留学した後去年の3月に東京に出てきた。ここに来る前は池袋のシェアハウスにいて、転職を機に引越しを決意。前のシェアハウスは国際交流メインで外国人が多く、毎月パーティーをするような活気のある賑やかなシェアハウスだった。だから、今度は別のコンセプトを持つシェアハウスを探していて、IT企業に就職したためエンジニアや起業家の集まるシェアハウスということでこのリバ邸start-up渋谷に引っ越してきた。

2、リバ邸での1ヶ月

このシェアハウスに来て一番印象的だったのは正直に言うと部屋の汚さ。僕が入居するまで女性住人が長い間おらず男性のみで生活していたらしく、部屋が散らかっていた。そのため最初の一週間は徹底的に掃除した。僕と同じように新しく入ってきた住人の風吹さんも頻繁に掃除してくれて随分住みやすくなったと思う。先週はみんなでお金を出し合ってパーティーをした。出て行く住人と、誕生日を迎えた人と、新しく入ってきた自分達のウェルカムパーティー。それと内見にきていた外部の方も1人。みんな生活習慣が異なっていて話す時間がとれないこともあるので、月一でこうした交流の場を作っていけたらいいなと思う。

3、2ヶ月目からの予定

このシェアハウスは他のシェアハウスと違って集まってくる住人が少し変わってていろんな意味で意識が高い。みんな20代で学生の人も多く起業していたりプログラミングがバリバリできたり、インスタグラムで集客を狙っていたり、大学を休業して海外で作った会社に向かったり、お笑い芸人を目指していたり。いつまでここにいるか分からないけど、僕は先々開発を手がけて音楽サービスを作りたいと思う。

スポンサーリンク