あれになりました・・・

どうもお久しぶりです。リバ邸住人歴8ヶ月の梶原です。

みなさんは2o19年始まって1ヶ月、いかがお過ごしでしたでしょうか?

わたくしはいつものように介護のお仕事したり、自衛官候補生の採用試験?の面接練習をしたり、カフェで本をひたすら書き写してみたり、瞑想したりぐらいなものです。

しかしまぁノロウイルスにやられたのだけは堪えました。

かなり辛い思いをしました・・・

皆さんにもこのしんどかったんや!という思い届けます。

 

発端は26日の朝。

その日はあさからお腹の調子が悪いと言うかチクチクするというか、そんなはっきりとしない不快感がありました。

もしかして、とは思いましたが「いや、気のせいだろう。というか、気のせいであってほしい」と願いながら出勤。

しかし仕事をはじめても不快感は晴れるどころか増すばかり。

吐き気もあらわれ、次第に強くなっていきます。

さらに追い討ちをかけるかのように倦怠感と関節(特に腰周り)の痛みまであらわれました。

これ以上は同僚に迷惑をかけるだけだと判断して(というか諦めて)リーダーに早退を願い出て早退。

道端に倒れこみたくなる衝動と戦いながら歩いたり電車に乗ったりしてリバ邸になんとか帰還。

そのまま髪の毛のセットも洗い流さずベットへ。

その日は関節の痛みと頭痛と熱、そして何より強烈な吐き気のせいで苦しみのたうちまわっていました。

それでも日がかわり4時をすぎると少し症状が落ち着きいつの間にか入眠。

お昼前に目を覚ましました。

しかし睡眠を挟んだからといって吐き気が消えたわけでなく、ついでに言えば初日はなかった下痢が頻発。

結局その日も水を飲んで、トイレに行って、寝る、というのを繰り返しただけで終わりました。

さらに一夜明けて三日目の朝、ついに大部分の症状が治りまともに動けるようになりました。

そこまずはシャワーを浴びました。

とにかく体が汗と皮脂でベトベトだったからです。

嬉々としてシャワーを浴びていたのですが、その最中突然猛烈な虚脱感に襲われました。

めまいを伴う、立っていられないくらいの虚脱感です。

丸二日カロリーを摂取していないのに加え、暖かいシャワーを浴びて体力を使ったことによる低血糖状態によるものだと思われました。

急いでシャワーを済ませると、冷蔵庫にあったヨーグルトとサラダを食べました。

これにより多少、症状を抑えることができました。

しかしヨーグルトもサラダもカロリーは低いのでまたすぐに低血糖状態になるかもしれない。

そう思ったのですぐにいつも通りミューズリーのおかゆを作りました。

これで低血糖状態を解消できると思い食べ始めましたが、いつもと違いまずい。

一口目ですでに吐きそうになりました。

「しかし、二日間何も食べてないのだからとにかく食べておかねば・・・」

そう思い休み休み食べ進めたもの最後は一口残してリタイア。

しばらく横になって腹を休めました。

そうしているうちに夕方には完全に調子が戻り、夕食は吐き気もなくまともに食事をすることができました。

こうしてノロ(病院で診てもらってないから本当にノロかは知らないが)との戦いが終わりました。

 

こうして見ると三日目が一番量がありますが、普通に初日が一番辛かったです。

とにかくどの体勢になってもしんどい。

もちろん立ってるより横になっている方が楽ではありましたが。

それでももう何もできないほどしんどい。

何もできないのならいっそ眠りたいけれど、痛みやらなにやらで全然眠れない。

もう本当にしんどかった。

やっぱり病気になんてなるものではない。

おかげで健康のために努力する決意をいっそう固くしました。

皆さんもノロには気をつけてくださいね。

まじで学校休めるとか、仕事休めるとかどうでもいいくらいしんどいですよ。

 

では、また来月お会いしましょう。