私がシェアハウスで暮らす理由

こんにちは、12月からリバ邸渋谷に住んでいる住人のFです。2014年12月に上京して以来、一人暮らしではなく、同棲でもなく(笑)シェアハウスに住み続けている理由をお伝えしようと思います。

1.家賃が安い
まずは何と言っても賃料。これまで4つシェアハウスに住んだことがありますが、どれも大都市主要な駅から徒歩五分圏内にあり、平均賃料が4万円(光熱費込み)。満員電車が苦手だったり、通勤通学に時間をかけたくない(だけど職場や学校近くで一人暮らしをするには金銭的に厳しい…)といった人にとっては大変オススメです。

2.住人との程よい距離感が居心地良い
大都会での一人暮らし。自由気ままに、毎晩のように友達と遊び歩くキラキラライフに胸を膨らませて上京したのに、いざ生活してみると、仕事や学生生活に追われ、東京には友人が少ない現実に気づき、耐えられず田舎に戻る人も多いですよね。自分はシェアハウスに住んでいて、そのような孤独感や虚無感に襲われたということが一度もありません。出かける時に「いってらっしゃい」、帰宅時に「ただいま」と言える相手がいるだけで心に余裕ができます。「くっつき過ぎず、離れすぎず」。シェアメイトとのそんな距離感が大変心地いです。

生まれも育ちも違う赤の他人と暮らすので、衝突することも多々あります。しかし、様々なバックグラウンドを持った個性豊かな人たちに出会えて自分の凝り固まった価値観が崩れていくことが刺激的であり、私がシェアハウスに住み続ける一番の理由でもあります。