上京して分かったこと

こんばんわ!リバ邸渋谷住人のニシシです!

今回は、上京して得た気づきについて書いていこうと思います。

私は起業するために関西から上京したわけなのですが、東京はやっぱり情報が多くて早い。

そして、すぐに社長や会いたい人に会いに行ける。

これらのおかげで、トライアンドエラーの速度が格段にUPしました。

というのも、ここ三ヶ月の間で、3つのサービスをリリースしました。

With Meet!!
スクリーンショット 2016-12-15 1.54.21

https://peraichi.com/landing_pages/view/withme
チャット型相談サービス

RentaLook♻️
スクリーンショット 2016-12-15 1.56.35
https://peraichi.com/landing_pages/view/rentalook
メンズ向けファッションレンタルサービス

SHARE
スクリーンショット 2016-12-15 1.54.42
https://peraichi.com/landing_pages/view/fshare
メンズ向けファッションフリマサービス

などなど。

おかげで、どんなサービスはウケて、どんなサービスだと拡散されるかなどを学び、
このサービスだとユーザーがつかないから次はこう改善しよう!

という風にPDCAの速度が格段に上がりました。

 

“ユーザーの声を聞け。”

求められるサービスかどうかは、メンターでも、経営者でもなく、「顧客」が知っている。

ということを痛感しました。

データ上にない、ユーザーの声をいかに探ることができるか。
それはトライアンドエラーを繰り返して、サービスを顧客に届け続ける。そして(経営者ではなく、そのユーザーに)フィードバックをもらう

これがキーになってくるのだと。

これも、実行しなければ気付けなかった。
まずはとにかく実行に移すこと。

頭の中のものを、いち早く、外に出し、改善を繰り返す。

つまり・・・

ドラえもん

ってことですね。

周りの人にアドバイスをもらいすぎて、何も出来なくなっていた私にとって
とても大きな気づきになりました。

(こちらのドラえもん、待ち受けにオススメです笑)

以上、終わり!

※その他、上京してからの気づきは私のTwitter(@KaoriName)上で
#上京して分かったこと
シリーズで随時アップしてるので、興味ある方はぜひご覧くださいw