まだ地方で消耗してるの?〜若者には地方より東京の方がいい理由〜

こんにちは。おかざわです。

現在、休学してスタートアップ企業で働いています。たまにメンタリズムやってます。

今日は佐賀・福岡で活動してきた自分が、東京で働いていて感じたことをお話します。

まず、大前提としてターゲットは学生です。

学生は社会人とくらべて、極めて世間知らずで、経験なくて、スキルもないです。

なので、若いうちは仕事をやらされていく中で、優秀で経験のある人に指導をうけながら、自分のキャパ以上のことをやっていく中で成長していくべきだと思います。

一番の理由は「環境が整っている」ということです。

東京は日本中から優秀な人が集まります。起業の支援も探せばたくさんあります。コワーキングスペースもインターン先もイベントもたくさんあります。

ですので、たくさん挑戦ができます。優秀な人に教わることができます。情報感度が高くなります。

まずは環境を変えることで、自分を変えることができます。

地方ではどうしても支援が整っていなかったり、情報感度が低いです。周りとの温度差もモチベーションに影響すると個人的に感じました。

自分のことを棚にあげて何を言っているのかと思われてもしょうがないですが(笑)がんばりますよ!!!

※某有名ブロガーとは何も関係ありません。喧嘩したいわけではありません。