18歳の僕が「ついに」東京で消耗してみた。。

IMG_3760
こんにちは

6月からリバ邸渋谷に住み始めました、白鳥李音と申します。

3月に長野県の高校を卒業し、知人の塾でアルバイトした後東京に移り住みました。

このシェアハウスでは18歳、一応最年少ということで、社会の厳しさを日々教わっています。

(過去の経緯は後々)

18年間長野の田舎で育った僕が、一週間東京に住んでみて思ったことを書こうと思います。

まず、東京はやっぱり消耗する街だと思いました。

長野で通学でさえ悠々と電車に乗っていたのが、ここでは満員です。

歩いてみると、路上で寝転がる泥酔者、常に耳を打つ車の騒音、スマホに夢中な若者

まさに日本の縮図といえるでしょう。

しかし、東京は思うほど嫌な街でもない気がします。

近くにある代官山には何回か行かせていただいて、自分は大好きになりました。

ハンドメイドなショップが軒並み連ね、おしゃれなカフェや庭園を見ることができます。

その街がとてもイケてるのはありますが。

ある日、渋谷の街を歩いている途中、目の前の人がモノを落としたので拾ってあげました。

別に自分の行為を誇示したいのではありませんが、自然に優しい気持ちになりました。

勝手なイメージですが、東京の人って表面上のコミュニケーションしか取ってなさそうに感じてしまいます。

いろいろ偉そうに言ってしましましたが

もっと東京は知ってみたいなと思いました。

いつまでいるかわかりませんが、その時まで骨の髄まで消耗してみます。